ジャンル別、再婚希望者に特化したマッチングアプリは?

  • edandethancom
  • 2018年11月15日
  • ジャンル別、再婚希望者に特化したマッチングアプリは? はコメントを受け付けていません。
  • 出会いのツール

マッチングアプリの特徴
日本においては、20代から30代の出会いを求める男女の5人に1人がマッチングアプリを活用している時代と言えます。

またマッチングアプリ先進国であるアメリカは国民の3人に1人がマッチングアプリを利用して恋人や結婚相手を探していると言うことが出来ます。

そんなマッチングアプリとは、インターネット上で同じ目的の相手を探すことが出来るツールで婚活、恋活、大人の出会い、ビジネスと4つの目的に分けることが出来ます。

そんなマッチングアプリの特徴は、月額定額制であることと安全性が高い点を挙げられます。

その理由は免許書などの国が発行する公的身分証明書の提示が義務付けられている上に運営会社が24時間体制でパトロールを行っているからです。

ジャンル別の出会いに特化したマッチングアプリ

マッチングアプリの魅力は、ジャンル別の出会いに特化している点です。

例を挙げると映画が好きがな人、アニメファン、サッカー好きといった風に同じ趣味の相手を探すことが出来ます。

特にジャンル別の出会いに特化したマッチングアプリがペアーズで、会員数が600万人と業界トップクラスのマンモスアプリなのでマイナーな趣味の人でも同士を見つけることが可能です。

さらにコミュニティ機能を使用して同じ趣味の相手と出会えるのが特徴で共通の趣味を持つ異性と出会いたい人にお勧めと言えます。

シングルマザー、バツイチ男性にお勧めのマッチングアプリは

マッチングアプリには若者向けのモノもあれば中高年向きのモノもあり、シングルマザーやバツイチの男性にもお勧めしたいのがユーブライドです。

このアプリは男女共に月額3,980円で男女の会員比率の差が少なく、mixiブランドの婚活アプリなので安心して利用することが出来るのが魅力です。

年齢層は少し高めで40代がメインで、真剣に結婚相手を探している人や次の恋愛を最後にしたい人にお勧めです。

他にもヤフーパートナーは会員数490万人と多く、使い勝手がいいのと40代から60代の利用者が多いのが特徴です。

あとはマリッシュもバツイチの利用者が多いのが特徴でシングルマザー、バツイチ男性が利用しやすいマッチングアプリと言えるでしょう。

会員層は30代から50代がメインで再婚希望者から支持されているアプリです。利用料については男性が2980円で女性は無料となっているので特にシングルマザーで真剣に相手を探している人にお勧めと言うことが出来ます。

【関連】おすすめのマッチングアプリ最新情報